2011年04月04日

ペーパークラフト食器棚の組み立て説明(4)

ドールハウス用の1/12ペーパークラフト食器棚です。地震後いろいろと考えてしまいましたが、設計を再開しておりました。
一般的なドールハウス用ですが、figmaにも使えるはずです。

展開図は以下の記事にあります。
http://freef5.seesaa.net/article/193527496.html
組み立て説明の第一回は以下の記事にあります。
http://freef5.seesaa.net/article/193705564.html
組み立て説明の第二回は以下の記事にあります。
http://freef5.seesaa.net/article/193890586.html
組み立て説明の第三回は以下の記事にあります。
http://freef5.seesaa.net/article/194088473.html
組み立て説明の第五回(完成まで)は以下の記事にあります。
http://freef5.seesaa.net/article/194443883.html

今回は組み立て説明の第四回です。

おまけの「秤」を組み立てます。秤の部品は「B」という括りになっています。

pc_syokkidana_setu17.jpg

部品を切り取ります。部品(B-3)は丸めてくせを付けます。長い方の辺を基準として、短い方の辺を丸めます。
部品(B-1)の矢印で示した部分は丸く切り抜きます。

pc_syokkidana_setu18.jpg

部品(B-1)を箱型に組み立てます。部品(B-3)は爪楊枝に巻きつけるようにして端を接着し、筒形にします。

pc_syokkidana_setu19.jpg

部品(B-2)を裏返して部品(B-3)を中心に接着します。のりしろが無いので、筒の端に糊をつけて接着します。

pc_syokkidana_setu20.jpg

糊が完全に乾いたら部品(B-1)の切り抜いた穴に筒のところを差し込みます。これで秤は完成です。

次におまけの「オーブントースター」を組み立てます。
オーブントースターの部品は「D」という括りになっています。二枚目の展開図中で二箇所に分かれて配置されてますから注意してください。

pc_syokkidana_setu21.jpg

部品(D-6)と(D-7)を切り取ります。この二つの部品には蓋を開閉させるギミックが集中しています。
そのため全てののりしろにしっかりと曲げ癖をつけてください。写真の矢印で示した部分です。
しっかりと半分に折ってはまた伸ばすという方法で数回癖をつけます。ただし破ってしまわないように注意してください。

pc_syokkidana_setu22.jpg

部品(C-6)の横と上に飛び出している部分を裏側へ折ります。のりしろを垂直に起こした状態で裏側へ重ねて接着してしまいます。
写真のような感じです。写真で上側にある部分は接着面積が少ないですが、ここもしっかり接着してください。

今回はここまでとします。次回はオーブントースター組み立ての続きです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

 
posted by Hol_nice at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーパークラフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック