2012年11月13日

デフォルメ「蛟龍」ペパクラの組み立て(1)

帝国海軍の特殊潜航艇「蛟龍(KORYU)」、正式名称「甲標的丁型(Ko-hyoteki-class midget submarine Type D Koryu)」をデフォルメのペーパークラフトとして設計してます。

最終試作をやってます。今回は細かな修正・変更が多くなりそうなんで、先に組み立て説明の記事を先に書いていき、最後に展開図を公開したいと思います。

部品(1)は余白をじゅうぶんにとって切り取ります。

pc_koryu_setsu1.jpg

余白の上下に描かれた赤い線を結ぶように折り癖を付けます。折癖の線に区切られた三角の面、写真で水色に塗りつぶした部分(左右にできます)。ここは平面のまま残して、それ以外の部分に丸く曲げ癖を付けます。

pc_koryu_setsu2.jpg

部品の左右の端を筒を作る感じで接着します。その後、先ほど平面に残した三角面の底辺(艦首側)に部品(6)を接着します。
この部品もあらかじめ丸みをつけておきます。

pc_koryu_setsu3.jpg

部品(5)は二つあります。円筒にします。平らな側ののりしろを全て内側に折りたたみます。

pc_koryu_setsu4.jpg

完成した部品(5)を艦首側から差し込んでのりしろを内側で開いて接着します。
部品(5)は上下の向きが決まっています。円筒にしたときの紙の継ぎ目が上に差し込んだ筒は真上、下に差し込んだ筒は真下になるようにしてください。

pc_koryu_setsu5.jpg

部品(4)をひとつ用意します。完成した艦首の後ろから押し込んで接着します。補強のための隔壁になります。

pc_koryu_setsu6.jpg

部品(7)を部品(5)の先端に接着します。

今回はここまでです(^_^)


人気ブログランキングに参加してます。
ポチッ!としてくださると嬉しいです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村

ペーパークラフト・文具 ブログランキングへ

 
posted by Hol_nice at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック